So-net無料ブログ作成

映画「アイデンティティー」 [映画のお・は・な・し]


アイデンティティー

映画「アイデンティティー」を
見ました。

ジョン・キューザック主演の
サスペンスものなのですが、
展開的にも、脚本的にも、とても
面白かったです。「なるほどっ!」という
思いがけない話しの流れに、
意表をつかれること、間違いナシですな〆

また90分という時間がイイ!

2時間だと、なかなか時間的にキツくても
少し短いと思うと気楽に見れます。

時間の割には、とても充実していますよ。

お話としては、こんな感じですかね?



嵐により一軒のモーテルに
閉じ込められた11人。
その中の一人が残殺されたことから、
全ての事件が始まった。

モーテルという閉ざされた空間と
天候による極限状態の中で、
一人、また一人と残殺されていく・・・。

残された誰もがお互いに対して
疑心暗鬼になる中、彼等には意外な
共通点があることが判明してくる。

一方、時を同じくして違う場所・・・。
判事の部屋では死刑を直前に控えた
猟奇殺人事件の犯人の再審理が行われていた。
原因は、密かに隠蔽されていた犯人の
日記が発見されたことからだった。
そして、その彼にもモーテルに集まった
11人と同じ共通点があることが判明する!!

二つの事件が一つに繋がった時に、
予想だにしないラストを迎えるわけ。

あ~ら、ビックリ (>人<;)

なかなかよく出来た脚本だと思いますよ。

「アイデンティティー」
まさに言葉通り、自分自身の内面に
興味のある方は、見てみるのもいいかも
しれません。意外な発見がありかも? ♪(´ε` )









nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。