So-net無料ブログ作成
検索選択

出会いは春でした ♬ [妄想大爆発]

出会いは春でした。

美しいプロポーションと存在感のある
佇まいにに目を奪われ、動くことも
出来なかったことをよく覚えています。

すぐに手の届く・・・.
触れられる位置に・・・いるのに、
どうしても手が届かない世界に
彼女は住んでいるようでした。

今の僕じゃダメなんだ。
彼女を手に入れるためには、
もっとがんばらなきゃ。

それから夏、そりゃあ必至でした。

仕事、仕事、仕事 ー 

彼女とまた出会うために ー

そして、僕はまた彼女に会いにいったのです。
彼女は、僕を覚えているだろうか?
そもそも、まだ同じ場所にいるのだろうか?

僕は締め付けられる想いを抱えて、
彼女のもとへ急ぎました。

そして・・・、



彼女の姿はありませんでした・・・。

見覚えのある風景は、小さな子供達の為の
設備に変わっていました。

膝を折るほどの絶望感・・・でも!!

あきらめられない!

もう一度、もう一度、彼女に会いたい。

僕は、通りの女性に声をかけ、
春に彼女と出会ったこと、
前はここにいたことを話しました。

すると、その女性は彼女のことを
よく知っているというのではないですか!

彼女は、一つ上の階に移ったとのこと。
この時の感動・・・。
諦めなかった自分をこんなにも
褒めてあげたくなったことはありません。

女性にお礼を言い、階段を駆け上がり、
必死に探しました。
僕は彼女の名前も知りません。
ただ、瞼に焼き付いて未だ離れない
あの姿を必死に追い求めていました。

そして、見つけたのです!

「やっと会えたね・・・」

思わず出た言葉でした。

僕は彼女にそっと触れました。

これからは、いつもピカピカに
磨いてあげるからね  ー  。




って、なんの話かって、グラスの話です。

そう、春頃に見つけたグラスが
ずっと欲しくて、気になっていたんだよね。

そりゃあ手にとって見ることは出来ても、
プライス的には別世界だしね(笑)。

うーん、本当に必要か?とか、
色々考えちゃうわけですよ。

しかも久々に見に行ったら、
子供服の売り場とグラスの売り場が
改装・移設されていてフロアも変わり、
おいおい、俺のグラスはどこに?
って感じで、あたふたしてしまいました。

という流れをお話にしてみました  ♪( ´▽`)


というわけで、久々のNEWグラスです。

恋するグラス

どうです?
いいでしょ~ (^∇^)

でもかなりの間、ガマンしました。
ガマンして、ガマンして、やっと
手に入れたのです。こんなにも長く
我慢をしたのは、久しぶりではないかな?

さぁ、このカワイイ子に注ぐのは
どんなカクテルにしよーかな?

おしまい ♪( ´▽`)







nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。