So-net無料ブログ作成
検索選択
お酒のう・ん・ち・く ブログトップ
前の10件 | -

秋の夜長にこのモルト [お酒のう・ん・ち・く]

今回御紹介するのは、専門家たちの間では
「本土のモルトの中で最も
海岸味わいを持つもの」
とも表現される、ハイランド地方と
沿海地域、ふたつの特徴を兼ね備えた
北ハイランドのシングルモルト
「クライヌリッシュ」です。

1967年に新しい蒸留所が増建設され、
新しいほうの蒸留所がクライヌリッシュ と名乗り、
それまでの古い蒸留所は「ブローラ」と改名されました。
こういうものがあるからシングルモルトはややこしいのです(笑)。
また、こうは言っても新しい蒸留所、
つまりクライヌリッシュは、
スチルも麦芽も仕込み水も、
さらには熟成庫も従来のものと全く一緒であり
設備が近代的になったにすぎません。
だったら、名前変えんなよ!
と、つっこみたくなりマス
(҂ ー̀дー́ )

そりゃあ、ネズミは出なくなり、
ウイスキーキャットもリストラされながらも
伝統的な味を保っているのですが…。

しかし、時の流れは無情。。。
そんな新規の精鋭、ブローラ蒸留所は
わずか20年ほどで総業停止に追い込まれます。
そして、現在も休眠状態が続き、最稼働のめどなしです。
あぁ、不況。。。

まぁ、ボトラーズにて一部のファンには
カルト的人気のあるモルトですけど。

さて、そのクライヌリッシュ。
なめらかで、全体にスパイシー、
ドライな口当たりが特徴です。
非常にバランスがとれたオールラウンダーと言えます。

スパイシーでコクがあるので、
甘くないウイスキーが好みの方に
おすすめのフルボディ
ナイスバディーで、グラマラスでございマス?

熱烈なファンが多い通好みなモルトで、
秋の夜長をお楽しみくださいね。

nice!(0) 

ワタシのアイランド。 [お酒のう・ん・ち・く]

時々、シングルモルトなどのウイスキーの話をしていると、「ヴァティッド」という単語を耳にします。

シングルモルト、単一蒸留所のモルトウィスキーに対してヴァティッドとは複数の蒸留所のシングルモルトウイスキーをブレンドしたウィスキーです。

ただシングルモルトだけでのブレンドなので、
いわゆるグレーンと呼ばれる穀物ウイスキーも混ぜるブレンデッドウイスキーとは区別して、
ヴァッテッドモルトと呼ぶようになりました。

今回紹介するのは、6つの島というこの名前の通り、スコットランドの6つの島の蒸留所のシングルモルトウイスキーを、 絶妙にヴァッティングした(混ぜた)ウイスキーです。

スコットランドに点在するあの6つの島のコラボレート、
“オール・アイランド・モルトウイスキー”ですね。
海外での評価も高く、著名な評論家が絶賛しています。

アイラ・ジュラ・スカイ・マル・オークニー、そして アランの各島にある蒸留所の原酒を贅沢に使ったまさに
“アイ・アイ・アイ・アイ・アイランド〜 (by チャゲ)”ウイスキーです。

ストレートもいいのですが、ソーダ割りとかもナカナカのモノ。

ぜひ、どうぞ。( ^ω^)_凵 

nice!(0) 

初登場のラム [お酒のう・ん・ち・く]

とうとう、JMラムがインセンスに登場しました!

なんともこのボトルがいいのです。
惚れました。
いかにもっ?
と言う感じがします。

このラムは蒸留所の創設160周年を記念したスペシャルリリースのビンテージラムです。

JMラムは多くの種類が出でいる方ですが、他のJMラムと違い、樽香が柔らかく、適度なサトウキビの濃縮感が特徴的なバランスの良いラムです。

是非、夏の夜のお友達にどうぞ(≧∇≦)/


nice!(0) 

夏の好み [お酒のう・ん・ち・く]

しかし、暑いですねえ。

こんなに暑いとアイス美味しいのです。
もー、毎日ガリガリ君三昧。

「止められない止まらない」は、大人になっても、変わらずあるようで(笑)。



こちら、お酒の好みもやはり変わらないモノです。
(*´▽`*)

昔から好きなものが「グレンモーレンジ」。
スコットランドで作られるシングルモルト・ウイスキーです。


華やかな香りと甘味があって、洗練されたワインのような風味を持っています。
「昔(旧ボトル)の方が麦の甘味や穀物の感じがあってよかった」という意見もあるのですが、最近はこの現代風な味もなかなか良い物だと思い始めています。

多分夏だからなのですね。

穀物の感じとかは、寒い時期はいいけど夏は厚苦しそうだし…。
゚(゚´Д`゚)゚。

季節によっても、好む味は変わるものですね。

nice!(0) 

久々の登場! [お酒のう・ん・ち・く]

蒸し暑さの続く、この時期に
やっとやってきました。

今日からガージェリーの生ビールが、
エステラのライトエールのタイプに
スイッチします。

さっぱりとした舌触りと、
華やかで優しい味わい
お楽しみくださいね。

鮮度が命のガージェリー。
みなさん、是非ともこの機会を
逃さないようにして下さいね。



nice!(0) 

海の魔獣のラム [お酒のう・ん・ち・く]

クラーケン・ブラック・スパイス・ド・ラム
クラーケンとは、大型帆船を襲ったとされる
触手のある伝説上の海獣のことです。

そう、伝説です。
伝えられた話なので、未確認生物ですね。
ですから、イカっぽい絵もあれば、
タコっぽい絵もあります。

今回のこちらは、完全にタコ…ですね(笑)♪

きっと酒に酔っぱらった状態で、嵐に遭遇、
船の操舵をミスり、難破してしまった出来事に
酒の勢いと恐怖、パニック、様々な状況のなかで、
「うん、ありゃあ、クラーケンの仕業じゃ」
となったわけですね♪

トリニダード・トバゴ産のラムに
11種以上の秘密の スパイスブレンドした
独特な味わいブラック・スパイ スド・ラム。
色は、タコのスミを想わせるダーク・ブラック。
カラスミ的な色合いです。
見た感じ、印象的なボトルは、
ビクトリア朝時代のラムのボトルの形を
再現したレプリカとなっています。

味がまた独特な印象です。
正直、飲んでもらわないと分からないかな?
スタート、トップノートはバニラなんです。
バニラの甘い香りがメインで香るのですが、
飲むにつれ、バニラの香りに慣れてくると、
違うスパイスの香りを感じ始めるのですよね。
驚きますよ。ホント( ・∇・)

これは、ラムというより
ラムをベースに作り上げたリキュールと
いった方がイメージがわく感じがします。

飲み方としては、ロックストレート
当然オススメなのですが、
コーラ割りはなかなか面白いですよ。
コーラもスパイスドリンクなので、
お互いに主張が強く、祭りの喧嘩御輿のような
激しさの融合を感じられ、面白いですよ。

そういう意味ではジンジャーエールも
面白いかもしれません。

ぜひ、試してみてください。
際モノ…です (笑)♪


nice!(0) 

真っ黒なお酒 パート2 [お酒のう・ん・ち・く]


さて、コニャック「ダニエル・ブーシュ」
の話の続き…です。

色はもうひたすら濃いです。
かなり赤みがつよい黒色です。
でも、透明感もありますね。
琥珀がそのまま液体になると
こんな感じになるのでしょうか?


香りはひたすら濃厚なぶどうを
イメージしてみるのですが、実際は
樽の印象が強く、華やかに甘いため、
コニャックよりラムを感じる方も多いのでは
ないでしょうか?

口に含んだ時の広がる樽の香りが
かなり強く、樹液のような甘味があります。

樽だしの原酒のため、やや強めの刺激に
度数が高めのラムの印象がでているのでしょう。

一度にたくさん飲むものではない
一杯でお腹いっぱいなお酒です。

「この夜をゆっくりと時間をかけて楽しみたい…」
そんな気分の紳士淑女にオススメな逸品です。

nice!(0) 

真っ黒なお酒 [お酒のう・ん・ち・く]

今回はブランデーのお話。

フランスの有名なブランデー、コニャックを
作る上で最上級の地区である
グランド・シャンパーニュ地区で
数十年前と変わらず 職人気質の
純粋なコニャック造りをつづけているのが
このダニエ ル・ブージュ。
これ、このお酒を作っている一家の名前です。

カラメルを使用せず、リムーザン産の
新樽から出る色を大事にしています。
だから、出来るお酒の色合いがメチャメチャ黒い!

さすが新樽。
抽出されまくりマス(*´ω`*)

この美しい黒みの強い濃い琥珀色を
抽出するポイントはこの、「新樽のみ」
というところ。
だからこんなに黒いっ!!!

ブラック・ブランデーの異名をとるのは
伊達ではないようです。

光にすかすと、オレンジっぽい感じ
もするのですが、横から見るとやっぱり真っ黒 。
15年でどうやるとここまで…
そりゃ~、新樽。
でも、これ以上色つける必要…、

ないです(笑)

続く♪

nice!(0) 

素敵な瓶デス [お酒のう・ん・ち・く]

ちょっと素敵なボトルの入荷です。

その名も「ウィンザー21」。

21は、当然「21年」もののこと。

これは、その名を世界に轟かすディアジオ・グループの
アジアチームがが韓国の富裕層向けに
リリースしたスーパープレミアムウィスキー

スコットランドで熟成された最高の原液だけを
厳選して、最適 の割合でブレンディングしたもの。
という触れ込みなのですが、
まあ、これは、どの製品にも言われていること。


飲んだ私自身の感想で言えば、これはこれは
甘〜いウイスキーですね。
蜂蜜のようなトロリとした甘みがあります。

これが韓国の金持ちの味なのか?
( ̄ー ̄)ニヤリ

まぁ、冷静に考えれば、まだまだウイスキーを飲む
という文化があまり根付いていない
韓国の人にとって、単純に美味しいと思える
分かりやすい味を作ったのだと思います。

だから、このウイスキー。
ある意味、誰が飲んでも美味しいウイスキーです。

特に女性にはオススメですね。
とっても飲みやすく、のどごしが良いです。

ぜひ、試してみてくださいね。


nice!(0) 

気になるお酒を発見? [お酒のう・ん・ち・く]

気になるお酒を見つけてしまいました。

その名も「ドランブイ 15年」。
ただのドランブイではなく、「15年」です。

「ドランブイ」は、スコッチウイスキーをベースに
花の蜜やハーブなどを加えたリキュールです。
ウイ スキーがベースになっているだけあって、
甘党の男性にはたまらないお酒でしょうか?

そんな中登場した新バージョンです!

15年とは、15年以上熟成されたスペイサイド地方の
スコッチウイスキーをベース にしたもので、
「ドランブイ」の特長である花の蜜(ヘザーハニー)の
やさしい甘みと柑橘系のスパイスの香 りはそのままに、
なめらかな口当たりとフレッシュなハーブ香を
感じさせてくれます。
いいリキュールは、甘いだけでなくキレも持ち合わせているので、
ドライな後味があり、口の中に甘さがベタベタと残りません。

なので、意外とストレートで楽しめますよ。

まさに、そういった上質な香りと味わい
感じることができます。

シガーとの相性も抜群な大人のお酒です。

このドランブイをアイラのクセのあるウイスキーと
混ぜて作るカクテル「RustyNail」。

これから作ります。

楽しみです。

たまらんぞ~ ( ̄ー ̄)ニヤリ



nice!(0) 
前の10件 | - お酒のう・ん・ち・く ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。