So-net無料ブログ作成
検索選択
妄想大爆発 ブログトップ
前の10件 | -

「てへぺろ」 [妄想大爆発]

とある街中でのカップルの会話。

「おまえ、あれ持ってきたか?」
「えー、忘れちゃった♪」
「も~、おまえはホント、忘れっぽいなぁ♪」
「ゴメーン、てへぺろ♪」



……………
……… (@ ̄□ ̄@;)!!


まぁ、何ともバカっぷる!!
(*`Д´)ノ!!!


幸せそうでそれはそれでよい。
何よりだ。
それより我輩が驚いたのは、最後。

「てへぺろ」

である。

若いこの間で流行っていたのは
情報番組などで聞いたことがあるが、
それは当然メールなどの文字として
使われるものだとばかり
思っていた…。

何?口語なの?これ、口語なの???

普段の会話にこうして普通に使うものなの?



驚いた。

そして、自分が「おじさん」と呼ばれる
生物になってしまったことに気がついた…
(/´△`\)

無念…。

nice!(0) 

私の変化? [妄想大爆発]

最近、自分の中で何かがおかしい。
なんだろう?
変わってきた気がしている。

何が変わったのかと言うと、
「タバコが気になって」しょうがないのだ。

人の煙が気になるとかの話ではない。

「吸いたくて」しょうがないのだ。



おかしい…。


吸わなくなってからはかなり長い。
ジョギングをするようになり、
空手を始め、体の調子はよいのだが、
なぜ今になって「吸いたい」のだろうか?

自販機が気になる。
コンビニのレジが気になる。

こうなると、ありとあらゆる所に
タバコは売っているものだ。


はて、どうする!?

俺?
nice!(0) 

よくもジーンをぉぉ~ [妄想大爆発]

数日前の話になりますが、
とうとうゲットです。

「ザク豆腐」

ザクふりーくな人以外には、何でもない話
になるとは思いますが、
豆腐ですが…、ザクなんです。

「絹とは違うのだよ!絹とわぁ!!」

と、 パッケージに書いてありました(笑)。

これって…、グフ豆腐か?

そして、中身。

ザクぐりーんは、枝豆ぐりーんでした。

じゃあ、ドム豆腐は、ゴマだね゜゜(´O`)°゜

というわけで、頂きまーす(~▽~@)♪♪♪


nice!(0) 

ロンドンに行ってきました? [妄想大爆発]

ロンドンに行ってきました。

はいっ ?夢オチです。

はじめにお断りしておきます。

どうしてロンドンだったか、こちらトラ
全くワカリカネマスが「ロンドン」でした。

でも、さすがユメです。

ディスカウントストアの大黒屋は
あるわ、ドン・キホーテはあるわ、
なぜあれがロンドンなのか?

どこで、私はあの街をロンドンだと認識していたのか??

ちにみにヨーロッパ、未経験者です(笑)。

大体、夜の9時ごろに
「ちょっと遠くに行きたいなぁ」
と思い立ち、飛行機に乗って、
夜中の3時前にその街「ロンドン」に
着いていた ! って、
どんな早いジェット機やねん?

そう言えば、あの街「ロンドン」には、
電信柱があったなぁ~(笑)。

何かこう、雰囲気としては、東中野とか、
鶯谷あたりの駅前の雰囲気に
近いような気がします(笑)

あれは、何だったのでしょう?

きっと記憶こそないですが、
どこぞの宇宙人に連れ去られ、架空の街「ロンドン」にて、
何かの実験に利用されたのでしょう。

いつか、ハリウッドSFのように、
何の変哲もないワタクシが地球の運命を
背負って戦わなければならない運命を
突然突きつけられ、パツキーンの
グラマラス美女とウィットに富んだ
小言を言い合いながら、愛を育み、
平和をもたらす日がくるのでしょうね。

そんな日を夢みつつ、はい。

おやすみなさい。

Zzz・・・zzz

nice!(0) 

ヨーグルト 大好きです♬ [妄想大爆発]

ギムレット


突然ですが、最近、
ヨーグルトを食べてます。

この食べたヨーグルトの中のどの位の
乳酸菌くんが私の大腸まで
辿りついてくれるのでしょうか?

乳酸菌くんは弱く、ほとんどが胃で消化されて、
大腸まで辿りつかないそうです。

大腸まで行かないと自然なお通じとかには、
効果がないのですよね~。

そこで各社は、強い乳酸菌類を開発し、
大腸まで生きて送り届けることによって、
最前線で元気に戦ってもらおうと
しているわけですよ。

だから、いつも考えてしまいます。
この食べた一口に入っている乳酸菌くんは、
どの位の冒険を経て、私の大腸まで
辿りつくのでしょうか?

きっと、一本くらいハリウッド映画
撮れることでしょう。

主演は、誰がいいですかね?

今度機会があったら、
この映画の主演俳優について
考えてみましょうかね(笑)?

って、何の話だ???

お食事中でしたら、すみませんでした。




nice!(0) 

紫煙の行方 [妄想大爆発]


シガーで一服


シガーと共に過ごす時間は、
何とも言えずゆったりとした、
さざ波のような静けさの漂う
流れかたをするものだと思います。

出来れば、一人。

自分と語り合いたい時に。
nice!(0) 

店、崩壊!! [妄想大爆発]


壊れた壁


大変です!!

壁が壊れました。

この壁が、客席側に倒れてきてます。
ただ、根もとの部分でつながっているので、
まだ崩壊はしていないですが(泣)

大変です。時間は深夜2時を少し回ったトコ。

でも、よく知るお客様はそれに気づかず、
なぜか10名くらいの宴会状態。

お店的にも忙しいハズなのに、
壁が壊れたのがよほどショックだったのか、
横にいる従業員に
「何かあったら呼んで」
と店を出てしまうわ・た・し。

そして、高級そうなマンションの部屋で、
(夜景が見える高さでしかも窓は90度、2面)
足の伸ばせるこれまた90度のソファー
大画面の深夜TVをみながらうたた寝。

起きて店に戻ると、なんと5:30。
かなり熟睡してたハズなのにね。

いまだに宴会は、続いていました。
壁に目をやると、やっぱり壊れてた(泣)

「あーぁ、夢なら良かったのに。」

と思ったら、目が覚めました。

あー、夢で良かった(笑)( ̄▽ ̄)



nice!(0) 

ジョニーの卍解? [妄想大爆発]

あの波平も憧れた世界最高のウィスキー
何と ¥ 500で?

もぉ~びっくりな夏休み価格でございます?

卍解なんて飛び越えて、
ほぼコスプレ漫画まっしぐらな
ブリーチに驚きを隠せない彼方!

まさに、これがウィスキーの卍解です。
なんと、その大きさ4.5リットル。
カウンターが壊れるかと思ったわ(笑)
見よ!このサイズを!!

ジョニ黒


さぁ~、飲みまくってくださいっ
 ♪───O(≧∇≦)O────♪

飲みすぎたら、きっとアリスの名曲、
ジョニーの子守唄が聞こえるハズです(笑)






nice!(0) 

出会いは春でした ♬ [妄想大爆発]

出会いは春でした。

美しいプロポーションと存在感のある
佇まいにに目を奪われ、動くことも
出来なかったことをよく覚えています。

すぐに手の届く・・・.
触れられる位置に・・・いるのに、
どうしても手が届かない世界に
彼女は住んでいるようでした。

今の僕じゃダメなんだ。
彼女を手に入れるためには、
もっとがんばらなきゃ。

それから夏、そりゃあ必至でした。

仕事、仕事、仕事 ー 

彼女とまた出会うために ー

そして、僕はまた彼女に会いにいったのです。
彼女は、僕を覚えているだろうか?
そもそも、まだ同じ場所にいるのだろうか?

僕は締め付けられる想いを抱えて、
彼女のもとへ急ぎました。

そして・・・、



彼女の姿はありませんでした・・・。

見覚えのある風景は、小さな子供達の為の
設備に変わっていました。

膝を折るほどの絶望感・・・でも!!

あきらめられない!

もう一度、もう一度、彼女に会いたい。

僕は、通りの女性に声をかけ、
春に彼女と出会ったこと、
前はここにいたことを話しました。

すると、その女性は彼女のことを
よく知っているというのではないですか!

彼女は、一つ上の階に移ったとのこと。
この時の感動・・・。
諦めなかった自分をこんなにも
褒めてあげたくなったことはありません。

女性にお礼を言い、階段を駆け上がり、
必死に探しました。
僕は彼女の名前も知りません。
ただ、瞼に焼き付いて未だ離れない
あの姿を必死に追い求めていました。

そして、見つけたのです!

「やっと会えたね・・・」

思わず出た言葉でした。

僕は彼女にそっと触れました。

これからは、いつもピカピカに
磨いてあげるからね  ー  。




って、なんの話かって、グラスの話です。

そう、春頃に見つけたグラスが
ずっと欲しくて、気になっていたんだよね。

そりゃあ手にとって見ることは出来ても、
プライス的には別世界だしね(笑)。

うーん、本当に必要か?とか、
色々考えちゃうわけですよ。

しかも久々に見に行ったら、
子供服の売り場とグラスの売り場が
改装・移設されていてフロアも変わり、
おいおい、俺のグラスはどこに?
って感じで、あたふたしてしまいました。

という流れをお話にしてみました  ♪( ´▽`)


というわけで、久々のNEWグラスです。

恋するグラス

どうです?
いいでしょ~ (^∇^)

でもかなりの間、ガマンしました。
ガマンして、ガマンして、やっと
手に入れたのです。こんなにも長く
我慢をしたのは、久しぶりではないかな?

さぁ、このカワイイ子に注ぐのは
どんなカクテルにしよーかな?

おしまい ♪( ´▽`)







nice!(0) 

バーの扉 [妄想大爆発]

入口アレンジメント

音や空気は人を思い出の中にいざない
香りや味は、人に楽しかった記憶を
呼び起こさせるという。

そう、どこかで読んだ。
どの本だっのか、今では覚えていない。
実際は本ではなく、
聞いた話だったかもしれない。

小振りな雨に足元をとられ、
少しうつむきながら歩いていた女は
ふとした灯りに軽く顔をあげた。

灯りの中に、映し出されている
彩り鮮やかな花が見える。

アイリスだろうか?
みずみずしく、繊細な紫色だ。

こんなとこに店なんてあったかしら?

いつも歩いている通りなのに、女はその店に気づいてはいなかった。

最近できた店だろうか?
お店の入り口に近い窓に色々なお酒が並んでいる
女はそこに一本のボトルを見つけた。

心の奥深く、扉にしまい込んでいた
想いが揺れる。

それは昔、あの人が好きだったウイスキー

今はもう日本には入ってこなくなり、
それを男はとても残念がっていた。

不思議と自分のまわりに広がる
この空気に懐かしさを感じた。

バーの扉の前にひろがる独得の空間 ー 。

そう言えば、昔、よくあいつに
連れていってもらってたっけ。

でも、今では名も知らぬその店は
男のバーだった。
彼だけのものだった。
女は男の『連れ』だった。
それでも、よかった。その時は。


懐かしい香りや味わいに誘われ、
少し昔の男でも思い出してみようかな?

女はイタズラっぽく笑うと、
バーの扉を押した。
女のバーを、自分のバーを
見つけてみたかった。

この店がそうなるのかどうか。
それは、分からない。

でも今は少し、この懐かしく感じる
香りに羽を休めてみたかった。

先ほどまで軽く振っていた雨も
今では上がっていた。






って、妄想をブログアップするように
なったら皆様、終わりですよ〜 ♪( ´▽`)

だいたいこんな事考えているのは
男だけで、一般的には女性の方が
はるかにドライ。
昔の男なんて思い返すより、今の
恋愛の方がはるかに大事だったり
しますからね〜(笑)

世の男性諸君!
人生は厳しいのだね〜。

でも、いいじゃない。妄想くらい・・・。

さ、今日もがんばロー ♪( ´θ`)ノ

nice!(0) 
前の10件 | - 妄想大爆発 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。